ウーマン

経営を安定させたいなら|公認会計士の勉強をしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の難関資格

勉強

公認会計士とは、企業の経営状況を監査するのが大きな仕事です。ほかにも税務やコンサルティングなどの仕事を行う場合もあります。非常に難易度の高い資格としても知られており、年間の合格率は平均10パーセント未満です。しかし、公認会計士は難易度に見合うだけのやりがいと収入が得られ、男女平等に働ける資格ということで人気の高い資格でもあります。公認会計士になるには様々な勉強方法があります。大学や専門学校に通ったり、民間の通学スクールや通信講座を利用したりするのが一般的です。独学での受験も可能ですが難易度は高くなります。平均して1〜4年ほどの勉強期間を経て合格するといわれています。ダブルワークで勉強する人もいますが、ある程度集中した勉強時間が必要といえます。

公認会計士は専門的な知識が必要であり、難易度も高いため独学での合格は大変です。現在大学生や高校生ならば大学で勉強することも考えるべきですが、社会人にとっては費用などがネックです。費用対効果のバランスがよいのは通信講座です。通学式のスクールもモチベーションが維持しやすいというメリットがあります。しかし通信講座の方がより手軽です。通信講座もピンキリなので、自分にあっているところを探す必要があります。自分の性格も考慮して、勉強を続けやすい方法や講座を選ぶとよいでしょう。わからないときに質問する窓口があるかどうかは重要なポイントです。参考書だけではわからないことが必ず出てくるので、質問したいときに質問できるかは注意して選びましょう。

電卓と背広の人

1級は難易度がかなり高い

日商簿記1級は難易度が格段にアップしているので、市販の対策本だけでの独学は厳しいです。専門学校で学ぶのが一番良いのですが、時間や場所に制約がある方は通信講座がオススメです。最近の通信講座はサポートがしっかりしているので、十分な対策ができます。ただ、自分で勉強をしていける、強いメンタルが必要です。

男の人

調剤薬局に欠かせない仕事

医師の作成した処方箋に基づいて医薬品を販売する薬局を調剤薬局といいますが、そこで必要な事務を一般に調剤事務と呼んでいます。通常の小売店等の事務職と同様の仕事をこなしつつ、レセプト事務など専門性の高い仕事も行います。必要な知識等については通信講座などであらかじめ学ぶことができます。

ペンとノート

美しい書き文字に

ペン字講座は人気が出てきているが、イメージや金額だけで選ぶと失敗することもあります。きちんと続けられるものを選ぶのがポイントです。自分の好みのお手本があるかどうか、添削が早く返ってくるかなどに注意して選ぶと良いでしょう。