女性

経営を安定させたいなら|公認会計士の勉強をしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

調剤薬局に欠かせない仕事

男の人

薬剤師をサポートする

薬局には一般販売されている医薬品を販売するほかにもう1つ、医師の処方箋に基づいて薬を調合し、販売するという仕事があります。この仕事を調剤といい、担当している薬局のことを調剤薬局といいます。調剤を行うことができるのは、薬剤師という国家資格取得者のみです。これは医師の行う診療と同様、非常に専門性の高い業務だからです。一方、調剤薬局にも病院と同じく、受付や会計などの事務仕事があります。こちらは基本的に誰でも行うことができますが、医学や薬学に関するある程度の知識が必要なため、関連する資格を持った人が従事しているのが一般的です。調剤薬局における事務を、調剤事務といいます。調剤事務に関してはいくつかの団体が検定試験を実施しており、通信講座を受講するなどすれば受験できるようになっています。

仕事には正確性が必要

調剤事務の具体的な内容としては、処方箋の受付、病院のカルテに相当する薬歴簿の作成、患者に対する薬剤の用法・用量の説明などがあります。さらに重要なのが、レセプト作成事務です。レセプトとは調剤したのが保険適用される医薬品だった場合、その保険負担分を保険者に請求する書類です。膨大な数の薬剤の中から正確に該当のものを探し出し、報酬の額を計算するスキルが求められます。調剤事務に関する通信講座では、主としてこのレセプト作成事務について学習します。就職を希望する人はあらかじめ通信講座で事務の流れや基礎知識を学んでおくことで、職場に入った際に即戦力として働くことができます。平均3〜4か月程度の通信講座を受講すれば、検定試験の受験資格が得られます。